旭川女子高生殺害事件の内田梨湖容疑者は旭川凍死事件に関与しているという疑惑について調べてみた

Screenshot

旭川女子高生殺人事件の容疑者内田梨湖と旭川凍死事件に関連が?

内田容疑者や事件関連の記事では

「確かに口が悪くてヤンキーっぽいところはありましたが、“明るい子”という印象だったので、まさか10代の子を身勝手な理由で殺すなんて……」── 北海道旭川市の無職・内田梨瑚容疑者(21)を知る人物は、驚きを隠せない様子で語る。

 道警は6月12日、北海道留萌市の高校生・村山月さん(17)を川に転落させて殺害したとして、内田容疑者と19歳の無職の女を逮捕した。村山さんは今年4月から行方不明になり、5月下旬に石狩川の下流で遺体で発見されていた。

 もともと4月下旬以降、村山さんを車両内に監禁したなどの疑いで、内田容疑者と19歳の女、そして16歳の男女が順次逮捕されていた。供述に基づき、石狩川を捜査を行い、道警が遺体を発見。その中で内田容疑者と19歳の女が殺人容疑でも逮捕された形だ。全国紙の社会部記者が語る。

「村山さんがSNSで内田容疑者がうつる写真を無断で使っていたことで、トラブルになったようです。内田容疑者らは4月18日夜にSNSを通じて村山さんから金品を恐喝し、その後すぐ留萌市に行き、村山さんを呼び出し、車に乗せるなどして監禁。留萌市のほか旭川市などを連れまわしたそうです。

 そして19日未明に、内田容疑者と19歳の女が女子高生にわいせつ行為をした後、吊り橋から落としたみられています」

 事件の現場となったのは、旭川市外の神居古潭地区。石狩川にかかる吊り橋「神居大橋」だ。緑の渓谷にかかる大きな白い橋は、観光スポットとして人気を集めていた。村山さんはこの吊り橋から約10メートル下を流れる川に落とされ、溺死したとみられている。

内田容疑者とは、どんな人物だったのか。現地での取材を通して見えてきたのは、意外な人柄だった。容疑者が通った中学校の後輩が明かす。

「長身で、中学時代はバスケ部で活躍していました。たしかキャプテンもやっていたんじゃないかな。お父さんは少しいかつい見た目でしたが、優しい人です。お母さんは、普通のお母さんという感じ。ご近所トラブルを起こした記憶もなく、家庭が荒れていたという印象は特にありません。

 梨瑚さんは、“ザ・陽キャ”なので、正直好き嫌いが分かれると思います。ガツガツ距離を詰めてくるし、先生とか大人に対する態度とか、苦手に感じる人は多いんじゃないでしょうか。部活動に打ち込んではいましたが、ヤンチャ系の先輩とつるむ一面もありました」

 また別の同級生Aの母親によると、内田容疑者は正義感の強いイメージだったという。

「頼りがいがあって、小学生の頃は女子の相談役、女子のヒーローみたいな感じでした。身長が高くて男子に負けないくらい元気なので、男子とトラブルになったとき、女子たちは『梨瑚ちゃんに助けてもらおう』と言っていました。『“掃除をサボっている”って男子に言われちゃったから、梨瑚ちゃんに頼んでなんとかしてもらおう』みたいな。ケンカの仲裁をしたり、姉御肌な良い子という印象だったので、今回の事件にはびっくりです」

一方で、中学時代に内田容疑者がいじめをしていたとの証言もある。

「いわゆるガキ大将ですよね。気に食わない相手を常に攻撃していました。梨瑚さんが中学生のとき、いじめられていた女子の着替えをスマホで撮影して、その画像を拡散する騒動がありました。いじめのターゲットの入れ替わりは激しく、目をつけられたら困るので周りには避けられていました」(別の同級生B)

 女子のヒーローが、いつしか周囲に煙たがられる存在となり、やがて卑劣な殺人事件の容疑者に……。事件の真相究明が待たれる。

https://www.news-postseven.com/archives/20240613_1970739.html/3

北海道旭川市内の吊り橋から留萌市の高校生・村山月さん(17)を転落させて殺害したとして、旭川市の無職、内田梨瑚容疑者(21)が殺人容疑で逮捕された事件。容疑者は金銭を要求した上に、留萌市内に村山さんを呼び出して、車に監禁。大声をあげて逃げ出そうとする村山さんに暴行を行うなどして、橋まで連れて行って転落させていたことが分かっている。

残虐な犯行の動機は、村山さんがSNSに内田容疑者の写真を無断で使用したことだという。ただ、内田容疑者はSNSに対する執着を周囲に見せていたことがNEWSポストセブンの取材で明らかになっている。面識のなかった村山さんが内田容疑者と接点を持ったのも、そのSNSだった。 「被害者は親の事情からか、生まれたのは羽幌町ですが留萌市周辺を転々としていた。中学も途中で転校したりしたので、友達も少なかったようです。彼女はなんとかして友達を作ろうと、少し前からインスタグラムをやっていたようです」(事件担当記者)  内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のインスタグラムにはA子が頻繁に登場していたという。 「リコはA子を“舎弟”と呼んでいて、インスタとかにもよく出てくるんですけど主従関係をアピールしてた。インスタライブを一緒にやることも多くて、撮影場所はいつもリコの部屋。A子は入り浸りだったんじゃないですかね。  A子は顔がすごく可愛くて、リコとは系統が違う感じです。物腰も柔らかそうな優しい感じで断れない性格だから、殺人は、リコから脅されたり頼まれたりしたのかなって思います」(内田容疑者の知人女性)  この知人女性によると、内田容疑者は事件の前後にも何食わぬ顔でSNSを更新していた。

「犯行当日の夜、おそらく事件を起こす直前にも自動車のなかでリコは歌いながらA子を撮って、その様子をストーリーであげています。まさか、被害者の方と一緒に居るときではないと思いますが……。人を殺したというのに、4月22日にはA子に運転させて助手席で歌いながらドライブする動画を投稿しています。このようなことは絶対に許されない」(同)  4月22日に歌っていた歌は『非行少女』という歌だった。NEWSポストセブンが入手した動画で、内田容疑者は右手に火のついたタバコを持ち、上半身をリズムにあわせて縦に揺らしながら、楽しそうに歌っていた。A子に頬を寄せ、満面の笑みだ。前出・知人女性が続ける。 「取材に応じたのは、リコにはしっかりと法の裁きを受けてほしいからです。私の周りにはリコの被害者が何人かいるんです。今回の事件のようなレベルではないですが。  彼女は男好きで、誘われたらそれが誰でもついていくような子です。誘うのはだいたいリコからで、私の仲良い先輩も耳元で『一緒に帰ろ?』って囁かれたことがあったそうで。断ってもしつこいから、その先輩も『気持ち悪い』と煙たがっていました。  あと、みんなから尊敬されるような強そうな男や先輩に言い寄りがちというイメージもあります。そういう人たちと付き合ったり、関わったりすることで、自分を強く見せようとするんです。薬物を使用していることを匂わせる投稿もありましたよ」  監禁中、大声を出して逃げようとした村山さんに暴行を加え、車内に引きずり込んだ内田容疑者。共犯者らに“強い自分”を見せる目的もあったのだろうか。記者が取材した知人らに共通する点は、内田容疑者に厳罰を求めていることだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/623f47b06057d043e03db30532b63cb8ce4cd90b

旭川凍死事件とは?

旭川女子中学生凍死事件で未成年で無罪になった内田りこと同一人物?

北海道旭川市で昨年3月、中学2年の広瀬爽彩さん(当時14)が凍り付いた遺体で見つかり、その後に上級生らによる性的行為の強要などが明らかになった問題を受け、第三者調査委員会は15日、7人が関わった6項目について「いじめ」と認定する中間報告を公表した。中学校や市教育委員会は隠蔽(いんぺい)を図ろうとしたものの「文春砲」によって暴かれた事実は、おぞましい行為の数々だった。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

精神的に追い詰め
性的行為を強要

 本稿に入る前に、広瀬さんに心からお悔やみを申し上げます。

 広瀬さんは気温が氷点下17℃だった昨年2月13日に失踪し、同3月23日に雪の積もる公園で凍死しているのが見つかった。失踪当日に死亡したとみられる。文春オンラインが同4月15日、広瀬さんが性的行為を強要されていたなどと報道し、問題が表面化した。

 第三者委の報告によると、7人はいずれも上級生で、同じ北星中学に通っていた男子生徒(A、B、C)と女子生徒(D)、別の中学に通っていた男子生徒(E)と女子生徒(F、G)。

(1)A、B、Cは2019年4月、広瀬さんも含めたLINEのグループ通話で性的なやりとりを繰り返し、Aは性的な意味で広瀬さんの体を触った。

(2)3人は同4~5月、深夜や未明に公園に集まろうと連絡したが、自分たちは行くつもりがなかったのに広瀬さんには伝えなかった。

(3)Dは同5~6月、お菓子などの代金を負担させる行為を繰り返した。

(4)Eは同6月3日、性的な話題を長時間にわたって続け、性的な動画の送信を繰り返し求めた。

(5)C、D、E、F、Gは同6月15日、広瀬さんに性的行為に関する会話をした上、性的な行為をするよう要求、あるいは静観していた。いずれも広瀬さんが性的行為をする状況を見ていた。

(6)Eは同22日、広瀬さんをからかい、嫌がる反応をした後も繰り返した。広瀬さんがパニック状態になった後も、Dは突き放すような発言をした――などとしている。

 全国紙社会部デスクによると、(2)では午前4時に公園に呼び出され、母親が止めても「行かなきゃ」とパニックになったこともあった。(3)では、別の友人に負担させられた具体的な金額を挙げて相談していた。

(4)では「裸の画像を送って」「(送らないと)ゴムなしでやる」などとしつこく要求され、恐怖のあまり送ってしまったらしい。

(5)では公園に居合わせた小学生らに「裸の画像を送らされたり、わいせつなやりとりをしたりしていた」と教え、さらに「いま、ここでやってよ」と強要。取り囲まれた広瀬さんは逃げることもできなかった。

(6)はウッペツ川の土手で「画像を流す」とからかい、広瀬さんは「死ぬから画像を消して」と懇願。2人は「死ぬ気もないのに死ぬとか言うな」とさらに詰め寄り、広瀬さんはパニックになって川に飛び込んだとされる。

 6項目は「確認された」だけだが、ほかにも表面化していない事案があっただろうことは想像に難くない。

今回はどうか。旭川中央署はEの行為について児童買春・ポルノ禁止法違反(製造、所持)に抵触すると判断したが、当時14歳未満だったため刑事責任を問えず、「触法少年」として厳重注意にとどまった。ほかの上級生らも同法違反(所持)などで調べたが、いずれも証拠不十分でおとがめなしだった。

 意図していたのかどうか不明だが、ある意味で陰湿かつ巧妙だったともいえる。筆者は数年前、懇意にしていた警視庁で少年事件を長く担当してきた刑事に「昔は殴ったり蹴ったりという物理的ないじめが多かったが、最近は精神的に追い詰める陰湿な手口が多い」と聞いたことがあった。まさに今回のようなケースなのだろう。

 今回、加害者側は誰一人として罪に問われなかったが、彼らが広瀬さんを死に追いやったのは誰の目にも明らかだ。

 加害者側は問題が発覚しそうになったとき、証拠隠滅を図ったり、口裏合わせをしていたりしていたとされる。問題発覚後も、一部の事実関係を認めながらも反省のそぶりはなく、謝罪も口にしていないという。

 加害者が心から反省し、墓前で謝罪することが広瀬さんや母親、遺族らに対するせめてもの贖(しょく)罪だと思うのだが、無理な話なのだろうか。

https://diamond.jp/articles/-/301842

この加害者グループの中にいたということか?

こういう報道でいつも思うんですけど、被害者の実名と画像は公開するのに加害者の実名と顔は出ないのなんでなのかな?

調べた感じだと年齢が合わないんだよな…

いじめの指示役だったと言われてるので、旭川女子中学生凍死事件の犯人グループの内田りこと同一人物というのはデマだとは言い切れないというのが現状ですね。旭川女子中学生凍死事件の加害者はネットで言われている以上に多くの人間が絡んでいるのか?